TOP > CATEGORY > BOOK(漫画)
TOP | NEXT

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


日本人の知らない日本語2 

2010年03月10日 ()
オススメの本の紹介 * 本・雑誌
日本人の知らない日本語2日本人の知らない日本語2
(2010/02/19)
蛇蔵海野凪子

商品詳細を見る

 個人的オススメ度:★★★★★
 読んでほしい方:実は日本語が苦手だと言う方。
         ちなみにわたしは学生の頃、英語の方が点数が良かった。

 ■ネタバレしない程度のストーリー紹介
  やって来ました! 第二弾です!
  凪子先生が相変わらずキュートです。

  わたしは密かに(?)日々、スッパ抜いてるなあと思いました。

Open↓

[ポイント]
 今回も立ち読みでも読めてしまう<オイオイ
 でも、凪子先生のファンだからいいの。日本語学校の学生さんたちが素敵。

[内容と登場人物]
 前回に引き続き、先生と学生さんたちの愛とユーモア溢れる日常が描かれています。
 新たに登場してくれる学生さんたちもたくさん!
 フランスの人の感性ってすごく素敵だと思う(相変わらずマリーさんラヴ)。

[感想]
 遅ればせながら(更新も遅いですが)、やっと購入。待望の続編です。

 わたしは外国の人とは縁があって、
 中高時代は覚えたての英語で、英語圏の人たちと話すことが多く。
 (今思えば、それはナンパだろうという場面もあったが、それはさておき)
 けれども、学生時代以降はいろいろな国の人たち、
 特に中国や韓国や台湾やイギリスの人たちと話す機会が多かったのです。
 英語圏の人の場合は、「こう言えば伝わるかな」と英語で考えればよいですが、
 アジア圏で母国語が英語でない人の場合にはわたしが話せない。
 でも相手の人は日本語で話してくれる。いつも尊敬でした。
 どうして皆日本語があんなに美しくて上手なのか。
 どうして皆あんなに熱心なのか。どうして皆あんなに一途なのか。

 そんなことを思い出させてくれた一冊です。


 国や人種なんてことは瑣末なことだと思う。
 わたしはいつも「対個人」だと思うので、
 わかりあえるかわかりあえないかといった感覚で生きているけれど、
 同じ?日本人でもわかりあえる人、どれくらいいる?
 子どもの頃からそうやって生きてきたわたしにとっては、
 神様が違う言葉をばらまいただけで、わかりあえる人とは無条件でわかりあえる。
 そういう当たり前だと思い続けてきたことをあらためて実感させてくれます。
 オススメの一冊です。前編とあわせてどうぞ♪

Close↑

スポンサーサイト
[2010.03.10(Wed) 00:00] BOOK(漫画)TB(0) | COM(0) see▼
↑TOPへ


凍りついた瞳 

2010年02月10日 ()
オススメの本の紹介 * 本・雑誌
凍りついた瞳(め)―子ども虐待ドキュメンタリー凍りついた瞳(め)―子ども虐待ドキュメンタリー
(1996/12)
ささや ななえ椎名 篤子

商品詳細を見る

 個人的オススメ度:★★★★★
 読んでほしい方:これから現場に出ようとしている方。
         ご自分を責めていらっしゃる方。

 ■ネタバレしない程度のストーリー紹介
  amazonデータベースが当てになりません(レビューは要参考!)。
  虐待ケースに携わるいろいろな専門家の視点を描いています。
  もちろん中心にあるのは子ども支援であり家族支援。
  これから現場に出る方は必読の一冊です。

Open↓

[ポイント]
 日付詐称更新で何冊か絵本を紹介しましたが、(´<_`  )
 思い出しました。急激に。紹介したと思い込んでいました。
 この本は親御さんや地域の方といった方も対象にしていると思うのですが、
 できればこれから現場に出ようとしている方に読んでいただきたい。

[内容と登場人物]
 子ども。家族。専門家。

凍りついた瞳(め)―子ども虐待ドキュメンタリー (続)凍りついた瞳(め)―子ども虐待ドキュメンタリー (続)
(1999/03)
ささや ななえ椎名 篤子

商品詳細を見る


[感想] ※上記は続編です。
 現場に出ると、虐待のケースには毎年数人出会います。
 (虐待を中心に支援している人にとってはそれこそです)
 わたしのように、教育・福祉現場にいると、
 重い後遺症のある子どもさんにも出会いますし、
 里子の親御さんとときどき過ごしている子どもさんもいます。
 誰ひとり頼れる血のつながった人はいないという子どもさんもいる。

 ワーカーさんたちや保健師さんたちは懸命に動いてくださっている。
 それなら発達支援に携わる一心理士として何ができるか。
 できることと言えば、
  その子がひとりで服の脱ぎ着ができるように
  その子がひとりでスプーンが使えるように
  その子がひとりで階段の昇り降りができるように
  その子の言葉が少しでも増えていけるように
  その子が同年代の友達と過ごしていけるように
 そういったことしかできません。

 今まさに虐待を行っている親御さんにも毎年何人にも出会います。
 親御さんの中にひとかけらでいい。ひとかけらの愛情さえあれば、
 ケース対応はスムーズに動き出します。

 虐待をしかねないと悩まれている親御さんにも毎年何十人と出会います。
 お母さんお父さん頑張り過ぎだよ。十分子どもたちのこと愛しているのに。

 サバイバーの友人も何人もいます。

 できれば、ひとりの時間に読んでいただきたい本です。
 続編は子どもたちの視点で描かれています。オススメです。

Close↑

[2010.02.10(Wed) 00:00] BOOK(漫画)TB(0) | COM(0) see▼
↑TOPへ


日本人の知らない日本語 

2009年03月10日 ()
オススメの本の紹介 * 本・雑誌
日本人の知らない日本語日本人の知らない日本語
(2009/02/18)
蛇蔵&海野凪子

商品詳細を見る

 

 個人的オススメ度:★★★★☆
 読んでほしい方:日本語の不思議をよく考える方。
         日本語って実は難しいよねと思う方。

 ■ネタバレしない程度の内容紹介
  日本語学校の凪子先生と学生さんとのお話し。

  しゃもじ
  ひもじい
  ほのじ

  が昔のギャル語だと初めて知りました。(´<_`  )

Open↓

[ポイント]
 立ち読みで読み切れてしまうかもしれません<オイ
 さくさく読める楽しい漫画です。第二弾を期待してます!

[内容と登場人物]
 日本語学校の凪子先生と学生さんたちのお話しを楽しくまとめた一冊。
 いろいろな外国の人たちから見た日本語とか日本が書かれてますが、
 個人的に大好きなのはフランス人のマリーさん。素敵だ。(´<_`  )

[感想]
 わたしは昔から日本語が苦手で、それでもってカタカナも苦手でした。
 いまだに「mooさんの話す日本語は少しおかしい」と言われますし、
 「ご出身は関東ですか?」などと聞かれてしまう生粋の関西人のわたし。
 何が苦手って『なんでこんな言い方するの?』ということが気になると、
 もう止まらなくなるのですね。中学で英語を学んだときは、
 『ああ・・・英語ってシンプルだ・・・』と感動したものです。ハイ。
 そんなわけで、学生さんたちが不思議に思うところって、
 すごく納得してしまいました。うん。
 頁数は意外に少ないので、本屋で立ち読みされると30分ほど読めると思います。
 個人的には続編を期待しておりますです。

Close↑

[2009.03.10(Tue) 00:00] BOOK(漫画)TB(0) | COM(0) see▼
↑TOPへ


エースをねらえ! 

2009年02月10日 ()
オススメの本の紹介 * 本・雑誌
エースをねらえ!(全10巻セット)エースをねらえ!(全10巻セット)
(2003/08)
山本 鈴美香

商品詳細を見る

 

 個人的オススメ度:★★★★★
 読んでほしい方:岡! 岡!! 岡!!!
         でも一番素敵なのはお蝶夫人だと思う方。

 ■ネタバレしない程度の内容紹介
  お蝶夫人に憧れて、テニス王国と言われる西校テニス部に入学したひろみ。
  先輩たちに可愛がられながら過ごしてきた日々はコーチの一言により一変。

  コートで休んではいけません。

Open↓

[ポイント]
 同世代の方はすでに昭和時代にテレビアニメでご覧になってるのでしょうが。
 そして、新版の漫画やドラマをご覧になっている方も多いのでしょうが。
 やはりこの原作を読んでなきゃ始まらんなと平成時代に思うわたし。
 これはただのスポ根漫画じゃない! いやもうホントすごいのなんのって。
 見どころとしましては、お蝶夫人とコーチの台詞でございます。

[内容と登場人物]
 西校テニス部一年生の岡ひろみ。一応、主人公。(´<_`  )
 なわけですが、ひとつ上の先輩・お蝶夫人の高校生らしからぬ風貌と台詞。
 二十代後半の宗方コーチの若者らしからぬ台詞・セリフ・せりふ。
 個人的には、このふたりが主人公だと思っておりますです。

[感想]
 どんどん上記の紹介がわかりにくくなっててすみません。

 さて、テレビでは見ましたがもうはるか昔のことで原作セットを購入。うふ。
 しかし・・・これはただのスポーツ漫画でも高校舞台漫画でも青春漫画でもない。
 宗方コーチ・・・。これで二十代設定とは恐るべし・・・。
 お蝶夫人も以下同上。なにがすごいって、意識の高さというかもうね・・・すごい。

 コーチとお蝶夫人(と藤堂氏たち)に支えられているひろみは幸せ者だと思う。
 これでひろみがその幸せに気づかなければ、もう殴ってやりたくなるけれど、
 (とここで音羽のセリフが浮かんだあなたはわたしと気が合うかもしれん)
 ひろみがちゃんと気づいて、それに応えようとして努力していく過程はすごい。

 いまの時代には流行らないことなのかもしれないけれど、
 コーチのように、お蝶夫人のように、心から自分のことを思って、
 叱って叱って教えてくれる人に出会えることは素晴らしいことだと思います。

 わたしの師匠も鬼のように厳しくて、わたしも何度も吐血はしましたが、
 アレがなければ今のわたしは、ない。そんなことを考える漫画なのです。
 セットで買うのがオススメです。オトナ買い推奨(眠れなくなりますが)。

Close↑

[2009.02.10(Tue) 00:00] BOOK(漫画)TB(0) | COM(0) see▼
↑TOPへ


バーテンダー 

2008年11月20日 ()
オススメの本の紹介 * 本・雑誌
バーテンダー (Vol.1) (ジャンプ・コミックスデラックス)バーテンダー (Vol.1) (ジャンプ・コミックスデラックス)
(2004/12/03)
城 アラキ長友 健篩

商品詳細を見る

 

 個人的オススメ度:★★★☆☆
 読んでほしい方:カクテル好きの方。
         まったりお酒を呑むのが好きな方。

 ■ネタバレしない程度のストーリー紹介
  「神のグラス」と称賛されるほどに、佐々倉溜がつくるお酒は人を虜にする。

Open↓

[ポイント]
 なんで忘れてたのかしらん。うっかり八兵衛になってました。ОTL
 カクテルからウイスキーまでいろいろなお酒が出てきます。
 バーを取り巻く人々のエピソードが一杯のグラスで表現されるお話し。

 ちなみにわたし自身はカクテルは好きじゃないのですが、
 たぶんそれは美味しいと思えるカクテルを飲んだ機会が少ないからだろうなあと。
 ま。お酒と好きな人さえあれば、幸せなわたしだったりする。(´<_`  )

[内容と登場人物]
 パリから帰国したばかりの溜はBarラパンでバーテンダーを始める。
 バーに訪れるのは仕事帰りのお客様、これから仕事に行かれるお客様。
 そしてふらりと重い扉を押して来られたお客様。
 バーテンダーは優しい止まり木。そっとカクテルをお出しいたします。

[感想]
 現在も連載中。
 別の作者の「神の雫」もよいのだけど、こちらの方がほっとする感じ。
 たぶん、それは神の雫が父子の絆、家族の絆、友情が大きなテーマであるのに対し、
 バーテンダーはどこまでいっても、プロのサービス業が話しの軸になってるからだと思う。
 (ただしここらへんは個人の好みなので、お酒が好きな方はどちらも楽しめると思います)
 まあどちらの漫画にも共通して言えるのは、
 仕事のときにはストイックなほどに打ち込めるのに、
 プライベートになるとスイッチ切り替わるところだろうなあ。

 ただまあ個人的には、
 溜のように自身の仕事にかかわる知識や経験を磨いていこうとする姿勢の方が好き。
 それもまたうんちく系になっちゃうと台なしなのだけど、そこはプロ。
 さらりと一言に込められるのはプロとしての技術であり、魅力なのだと思う。

 お客様が満足されていない。そんな様子を見て、
 なにが足らないのか、なにがよくないのか、この方に必要なのはなんなのか
 ということが瞬時に考えられる人は、すごく好きです。ハイ。
 そんなわけでオススメです。大人買い推奨の本でございますです。

Close↑

[2008.11.20(Thu) 00:00] BOOK(漫画)TB(0) | COM(0) see▼
↑TOPへ


Odds 

2008年11月10日 ()
オススメの本の紹介 * 本・雑誌
Odds 1 (1) (ヤングサンデーコミックス)Odds 1 (1) (ヤングサンデーコミックス)
(2006/07/05)
石渡 治

商品詳細を見る

 

 個人的オススメ度:★★★★☆
 読んでほしい方:競輪好きの方。スポーツ好きの方。
         ギャグ系熱血本がへっちゃらな方。

 ■ネタバレしない程度のストーリー紹介
  ロードレーサーなら目指すはツール・ド・フランス。
  将来を有望視されていた辻堂麟太郎の夢もヨーロッパが舞台だった。
  しかし、高校卒業前に事態は一変・・・。
  麟太郎は競輪選手になることを決意する。

Open↓

[ポイント]
 しかしまあ、なぜに休刊・廃刊になる雑誌が多いのだろう。ОTL
 このオッズ。とても面白いのですが、ただいまスピリッツ増刊で連載中。
 自転車好きの麟太郎が競輪選手を目指し、
 さまざまな人たちと出会い、別れ、闘い、笑い、涙し・・・のお話し。

 とまとめてしまうと身も蓋もないのでもちょっと言うと、
 スポーツ好きにはたまらないです。しかも自転車好きの人にはオススメ。
 曽田正人氏のシャカリキも良かったけれど、
 (そしてそんなわたしはギャンブルレーサーも好きなのだけど)
 こういうペースで競輪について描かれると嬉しいです。ハイ。
 あれ?ポイントになってない気がするぞ。(´<_`  )

[内容と登場人物]
 ヨーロッパに渡った藤沢悠を追うべく、
 ひとつの道として競輪の世界に飛び込んだ辻堂麟太郎。
 けれども彼の走りはロードレーサーの走りであり、
 競輪のそれではなかったことを思い知らされる。
 競輪選手に求められるスプリントの足。
 果たして麟太郎は競輪選手になれるのだろうか。

[感想]
 と言っても、競輪選手になるのですけどね。(´<_`  )
 そこも見どころだと思うけれど、
 選手のタイプによって変化する筋肉、走り、作戦。
 読んでてわくわくする一冊でございます。
 個人的にはイワさんと秋谷師匠(代理)が好き。うふ。
 そのまま師匠になっちゃえばよいのにーーー。

 「スポーツは好きだけどギャンブルはなあ・・・」
 というようわからん偏見をもってる人は読まないでくださいませ。
 競馬も競輪も競艇もれっきとしたスポーツだ。(´<_`  )
 趣味が合う人は是非お手元に。オススメでございますです。ハイ。

Close↑

[2008.11.10(Mon) 00:00] BOOK(漫画)TB(0) | COM(0) see▼
↑TOPへ


黒鷺死体宅配便 

2008年10月20日 ()
オススメの本の紹介 * 本・雑誌
黒鷺死体宅配便 (1) (角川コミックス・エース)黒鷺死体宅配便 (1) (角川コミックス・エース)
(2002/11)
山崎 峰水大塚 英志

商品詳細を見る

 

 個人的オススメ度:★★★☆☆
 読んでほしい方:グロ系が平気な方。
 読まない方がいい方:血とか死体とか犯罪とかダメな方。

 ■ネタバレしない程度のストーリー紹介
  某仏教大学の学生・卒業生・院生たちがしている仕事。
  それは「死体宅配」。
  ※とってもグロ系・残酷系の描写が出てくるので苦手な人はパスしましょう。

Open↓

[ポイント]
 すみません。ここopenされる方、少ないと思うのですが、(´<_` ;)
 ジャンルを問わずなんでも読むわたしなのです。すみません(再掲)。
 内容は生理的に受けつけないところもあるかと思います。
 近親相姦・レイプ・殺人・死体遺棄・コインロッカーベイビーなどなど。
 いやホント、ここまで読んで嫌になった方はさくっと閉じる推奨です。

[内容と登場人物]
 死体の声ならぬ声が聞こえてしまう唐津。
 死体をダウジングできてしまう沼田。
 エンバーミングの資格をもつ槙野。
 チャネリング能力がある谷田(&ケレエレス)。
 そしてハッキングならおまかせの佐々木。

 彼ら五人が始めた会社は「黒鷺死体宅配便」。
 遺棄された・殺された人たちの声にならない声を依頼として、
 届けてほしいところに報酬と引き換えにビジネスとしてお届けします。

[感想]
 原作の人がちょっぴり好きというのがありまして、
 手に取って「面白い」「面白くない」ときっぱり分かれるのですが、
 この作品はわたしの中では「面白い」作品になっております。

 漫画なので「え!?」と思うところもあるにはあるのだけど、
 『死』や『死体』を淡々と、でも軽々しく扱っていないところが、
 手に取ってしまう理由のひとつなのだと思います。

 ここから余談ですが。
 子どもの頃からホラー漫画が好きでして、(´<_`  )
 楳図かずお・御茶漬海苔・高橋葉介・伊藤潤二ラヴ。
 犬木加奈子・古賀新一・松本洋子・山本まゆりなど軽めの方もラヴ。
 松本光司もこっそりと全読破しちゃうぐらいラヴ。
 けれども、七歳の頃に読んだ日野日出志は怖くて寝れんかった。
 まあそういうラインのホラー好きなわたしなのです。ハイ。


 でまあ、この作品は何らかの理由があって、
 死に至り放置されてしまった人がたくさん出てくるわけですが。
 なんでしょうか。死を取り囲む周囲の現実部分がリアルなのです。

 うむむ。これは感想が書きづらいなあ・・・・・・。オイ
 「あ。趣味が似てるかも」と思われた方はお読みくださいませ。
 ホラー嫌い・血ダメ・死体見たくないという方はやめた方がよいです。ハイ。



 ・・・すごい感想だな、こりゃ。

 最新刊はこちら。

黒鷺死体宅配便 (10) (角川コミックス・エース 91-15)黒鷺死体宅配便 (10) (角川コミックス・エース 91-15)
(2008/11/05)
大塚 英志山崎 峰水

商品詳細を見る

Close↑

[2008.10.20(Mon) 00:00] BOOK(漫画)TB(0) | COM(0) see▼
↑TOPへ


TOP | NEXT

      *Calendar*

*Category*

    *Search in stack*

*Entry*

* comments *

* trackback *

*Profile*

    Search in Amazon

    ⇔ Now ON Sale ⇔

      : QR code :

     Overseas books

-Link&Bookmark-

   2009 : BOOK of YEAR

: INFORMATION :

    ⇔ Recommend ⇔

: mail to moo :

     ***ALL***

   moomoo in your cup

Book-friend in fc2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。