TOP > CATEGORY > BOOK(絵本)
TOP | NEXT

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


ちか100かいだてのいえ 

2009年11月20日 ()
オススメの本の紹介 * 本・雑誌
ちか100かいだてのいえちか100かいだてのいえ
(2009/11/11)
いわいとしお

商品詳細を見る

 個人的オススメ度:★★★★☆
 読んでほしい方:幼児さんから小学校中学年ぐらいの子どもさん。
         楽しい絵本を探していらっしゃる親御さん方。

 ■ネタバレしない程度のストーリー紹介
  今度は地下? 暗くないかな。こわくないかな。ドキドキ。
  でも、前のとき楽しかったよね。地下に行ってきまーーーす!

Open↓

[ポイント]
 前回に続いて、今度は地下にどんどん降りていきます。
 なんとなく対象年齢が少しだけ上がったようにも見えますが、
 (すみません、ここらへん発達屋の観点で見てしまいます)
 でも同じく幼児さんから小学生まで楽しめる一冊だと思います。
 前回のとあわせてプレゼントにもどうぞ>(´<_`  )

[内容と登場人物]
 トチくんといろいろな動物たち。さて地下100階に住んでいたのは?
 パラパラとめくるたびに嬉しくなる一冊です。あっという間ですよ。

[感想]
 絵本の構成も素敵なのですが、本当に細かなところに配慮されていると思います。
 教材作成のときというのは、いろいろなことを考えながらも、
 後から「あれも加えたい」「これも加えたい」と思うものですが、ОTL
 こう・・・なんと言うのでしょうか。子どもと一緒に楽しみつつ、
 こんなところに隠れた課題が!なんて理想じゃないですか!

 教材としてだけでなく、もちろん可愛らしい楽しい一冊です。
 これ小児科とかに置いてほしいなあと思います。ホント。

Close↑

スポンサーサイト
[2009.11.20(Fri) 00:00] BOOK(絵本)TB(0) | COM(0) see▼
↑TOPへ


はらぺこあおむし 

2009年11月10日 ()
オススメの本の紹介 * 本・雑誌
はらぺこあおむしはらぺこあおむし
(1989/02)
エリック=カール

商品詳細を見る

 個人的オススメ度:★★★★★
 読んでほしい方:乳幼児さんとママさんパパさん。
         子どもがじっと見続けているまなざしに注目。

 ■ネタバレしない程度のストーリー紹介
  ある日、小さな卵がこの世に生まれてくれました。
  ぱくぱく。むしゃむしゃ。
  ぱくぱくぱく。むしゃむしゃむしゃ。
  そんなに食べて、だいじょうぶ?

Open↓

[ポイント]
 仕掛け絵本です。つんつんぎゅぎゅっとあそびましょう。
 とても色鮮やかな素敵な一冊です。
 一頁一頁をキラキラしたまなざしで子どもたち見てくれる子どもたち。
 はらぺこおあむしが食べているのは、強くなるための力だと思います。

[内容と登場人物]
 あおむし物語。

[感想]
 大ベストセラー本なので、今更・・・といった感がありますが。
 じーーーっとドキドキした表情でどの子も見てくれます。
 指で触ってもだいじょうぶ。

 この作家さんの描く絵本は、本当に子どもへの愛情がいっぱいだと思います。

 あおむしは大きくなって大きくなって蝶になるのですが、
 これは子どもたちに託した願いであるのだろうなあと思います。
 どの子もその子だからこそ出せる色鮮やかな蝶になるのだと思います。
 プレゼントにもどうぞ。オススメの絵本でございます。(´<_`  )

Close↑

[2009.11.10(Tue) 00:00] BOOK(絵本)TB(0) | COM(0) see▼
↑TOPへ


あおくんときいろちゃん 

2009年07月20日 ()
オススメの本の紹介 * 本・雑誌
あおくんときいろちゃん (至光社国際版絵本)あおくんときいろちゃん (至光社国際版絵本)
(1984/01)
レオ・レオーニ

商品詳細を見る

 個人的オススメ度:★★★★★
 読んでほしい方:乳幼児さんとママさんパパさん。
         できれば保育園・幼稚園の先生方。

 ■ネタバレしない程度のストーリー紹介
  ころんころん。ふわんふわん。くるくるくる。
  あおくんときいろちゃんは今日もなかよし。

  あれ?あれれれ?くっつきすぎちゃってみどりになっちゃった。

Open↓

[ポイント]
 この本は難しい・・・。読み聞かせ云々という絵本ではないと思う。
 そっと子どもさんのそばに置いておかれるもよし。
 こっそりベッドに置いておかれるもよし。
 その子その子が絵本からかならず読み取ってくれるはず。

[内容と登場人物]
 あおくん。きいろちゃん。パパ。ママ。

[感想]
 レオ・レオーニと言うと、発達屋はかならず目にする一冊ですが、
 それはさておき、この初版が実家にありました。

 目にしたのはたぶん3歳ぐらいだったと思う。
 5歳ぐらいまで何度も何度も見ていた記憶があります。
 字が読めるようになった4歳頃からひとりで読んで、
 ひとりで見て、ひとりで遊んで、ひとりで絵を描いて。
 いやまあ、同級生とも遊びましたが、ひとり遊びの好きな子どもだったのです。

 子どもごころにドキドキとふわふわところころで、
 何とも言えない解放感みたいなのを覚えた記憶があります。
 なので、いまだにこの本に学校や施設で出会うと、
 くすぐられるような感じになります。絵本すげー! (´<_`  )台なし

 これは説明が難しいですね。
 読み聞かせで使おうと思ったことはないのですが、
 こっそりと図書室で読み込んでいる低学年の子どもたちを見ると、
 うふふ・・・となんとなく嬉しくなってしまいます。オススメです。

Close↑

[2009.07.20(Mon) 00:00] BOOK(絵本)TB(0) | COM(0) see▼
↑TOPへ


いぬうえくんがやってきた 

2009年03月20日 ()
絵本 * 本・雑誌
いぬうえくんがやってきた (いぬうえくんとくまざわくん 1)いぬうえくんがやってきた (いぬうえくんとくまざわくん 1)
(1996/12)
きたやま ようこ

商品詳細を見る

 

 個人的オススメ度:★★★★☆
 読んでほしい方:小学校低学年~中学年の子どもさん。

 ■ネタバレしない程度の内容紹介
  くまざわくんのところにいぬうえくんがやってきた。
  いっしょに遊んでいるとたのしい。
  いっしょにくらしているとうれしい。

  でも、ちょっとしたことでケンカになっちゃった。
  どうしてあんなつまんないことでこんな風になっちゃったのかな。

Open↓

[ポイント]
 幼児さん以上が対象の本らしいです(5歳児以上)。
 でも書かれていることがふんわりしているのにかなり高度で、
 これを幼児は理解するのかー幼児すげーと思った次第。
 親しい人へのプレゼントとしても良いのではと思います。オススメです。

[内容と登場人物]
 くまざわくんといぬうえくん。
 好きなこと・嫌いなこと、できること・できないこと、違うよね。
 違うから楽しいし協力もできるんだよね。ケンカをしても仲直り。
 お茶の時間がやっぱりうれしい。

[感想]
 シリーズものです。こっそり全部読んでしまおうと思ってます。
 マイペースのくまざわくんが素敵です。
 なにかと世話を焼きたがるいぬうえくんも素敵です。
 でもしっぽをモップ代わりにしなくてもよいと思います。
 わたしがくまざわくんでも困ったと思います。可愛らしい一冊です。

Close↑

[2009.03.20(Fri) 00:00] BOOK(絵本)TB(0) | COM(0) see▼
↑TOPへ


100かいだてのいえ 

2009年01月10日 ()
オススメの本の紹介 * 本・雑誌
100かいだてのいえ100かいだてのいえ
(2008/05)
岩井 俊雄

商品詳細を見る

 個人的オススメ度:★★★★☆
 読んでほしい方:幼児さんから小学校中学年ぐらいの子どもさん。
         楽しい絵本を探していらっしゃる親御さん方。

 ■ネタバレしない程度のストーリー紹介
  「遊びに来てね」とかかれたお手紙をもらったトチくん。
  遊びに行くと、そこには高い高いおうちが・・・。
  上の方は高すぎて見えないよ。ええい!登っちゃおう!

Open↓

[ポイント]
 ひさびさの更新ですみません。ホントすみません。
 さて、2009年の第一冊目は「100かいだてのいえ」。
 縦に広げて読んでいく絵本でございます。
 それぞれの階にはいろいろな動物が住んでいて、
 いろいろなことを楽しそうにしています。どの動物も可愛い。

 細かすぎるところに作者さんの気配りが感じられる一冊です。
 かなりのオススメでございます。(´<_`  )プレゼントにもどうぞ

[内容と登場人物]
 トチくんといろいろな動物たち。さて100階に住んでいたのは?
 パラパラとめくるたびに嬉しくなる一冊です。

[感想]
 ひさびさに楽しい絵本であり、上手い絵本だと思います。
 ご家庭に一冊、診察室に一冊、療育機関に一冊・・・オススメです。

 この本が特にいいなあと思うのは、
 療育課題として使えるところがたくさんあるところ。素敵だ。

 絵だけ見ていても嬉しくなりますし、
 そろそろ平仮名が読めるようになった子どもさんや、
 物語の展開が考えられるようになった子どもさんと、
 広い年齢層の子どもさんが楽しめる一冊だと思います。

Close↑

[2009.01.10(Sat) 00:00] BOOK(絵本)TB(0) | COM(0) see▼
↑TOPへ


くまの子ウーフ 

2008年09月30日 ()
オススメの本の紹介 * 本・雑誌
くまの子ウーフ (くまの子ウーフの童話集)くまの子ウーフ (くまの子ウーフの童話集)
(2001/09)
神沢 利子井上 洋介

商品詳細を見る

 

 個人的オススメ度:★★★★☆
 読んでほしい方:幼児さんから小学校低学年の子どもさん。

 ■ネタバレしない程度のストーリー紹介
  「ねえ?どうして?」「なんで?」
  ウーフのまわりにはふしぎがいっぱい。
  一緒になって考えてくれるママが大好き。
  考えすぎちゃってこわくなったときに抱きしめてくれるママ。
  驚いたりドキドキするけれども、今日もウーフは考えます。

Open↓

[ポイント]
 1960年代の本でして、わたしも小学生のときに読んだのですよ。
 と言うより、教科書に掲載されておりまして、鮮明に覚えてます。
 「そうだよそうだよ!わたしも不思議に思っててん!」
 とウーフと同じように疑問に思ったものでした。嗚呼、かわいいな俺。
 
[内容と登場人物]
 くまの子ウーフ・くまママ・くまパパ・その他ゆかいな仲間達。

[感想]
 これは食いつく子はすごく食いつく本だと思う。
 でも実際には100頁を越えてしまうので、
 寝る前の一気読みは不可ですな・・・。(´<_`  )

 ある意味では、育児書かもしれないなあ・・・と今のわたしは思います。
 くまママの返し方とか一緒に考えてあげるところとか、
 下手な育児書を読むよりよっぽどよいのではと思いますです。
 小学校に入学される子どもさんへの贈り物にもどうぞ。オススメです。

Close↑

[2008.09.30(Tue) 00:00] BOOK(絵本)TB(0) | COM(0) see▼
↑TOPへ


いないいないばあ 

2007年08月10日 ()
オススメの本の紹介 * 本・雑誌
いないいないばあいないいないばあ
(1967/04)
松谷 みよ子瀬川 康男

商品詳細を見る

 個人的オススメ度:★★★★★
 読んでほしい方:~一歳前後の子どもさんとおうちの方。

 ■ネタバレしない程度のストーリー紹介
  「くまちゃんがほらね……」
  「ぴいちゃんがほらね……」
  いないない・・・・・・ばあ!

Open↓

[ポイント]
 すっかり忘れていましたよ。
 木村さんの「いないいないばああそび」もよい本ですが、
 今回のこちらの本は40年前からのベストセラー絵本。
 「いないいない・・・」でためていくと、
 子どもさんが手を伸ばそうとしたり本に触ったりします。
 読み聞かせ力の試される素敵な一冊。

[内容と登場人物と感想]
 いろいろな動物が目隠ししてたり、かくれんぼしています。
 誰かな? (´<_` ?)<いないいない・・・ばあ!
 子どもさんの思わぬ反応が出てくる素敵な一冊です。
 いやあ、これは五つ星でしょ。贈り物にもどうぞ。

Close↑

[2007.08.10(Fri) 00:00] BOOK(絵本)TB(0) | COM(0) see▼
↑TOPへ


TOP | NEXT

      *Calendar*

*Category*

    *Search in stack*

*Entry*

* comments *

* trackback *

*Profile*

    Search in Amazon

    ⇔ Now ON Sale ⇔

      : QR code :

     Overseas books

-Link&Bookmark-

   2009 : BOOK of YEAR

: INFORMATION :

    ⇔ Recommend ⇔

: mail to moo :

     ***ALL***

   moomoo in your cup

Book-friend in fc2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。