TOP > CATEGORY > BOOK(専門)
TOP | NEXT

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


障害児者の摂食・嚥下・呼吸リハビリテーション―その基礎と実践 

2008年10月30日 ()
オススメの本の紹介 * 本・雑誌
障害児者の摂食・嚥下・呼吸リハビリテーション―その基礎と実践障害児者の摂食・嚥下・呼吸リハビリテーション―その基礎と実践
(2005/09)
金子 芳洋

商品詳細を見る

 

 個人的オススメ度:★★★★☆
 読んでほしい方:医療・発達関係の専門家の方。
         発達系の心理職の方。

 ■ネタバレしない程度の内容紹介
  これは基礎的な専門知識云々と言うよりは、
  専門知識を活かした高度な実践というのが根底にある本なのだと思う。
  どの章にもアプローチの実際について書かれており、
  さまざまな専門分野の専門家がチームアプローチする際に、
  各々が見るべき視点・アプローチすべき視点について書かれている一冊。
  心理職なのにすでにもっているそこのあなた。いつか一緒に仕事をしましょう。

Open↓

[ポイント]
 本書の半分ほどは摂食・嚥下機能について詳細に解説されています。
 一般的にはこういう事例がね・・・という書かれ方ではなく、
 画像・図表とともにいろいろな症例が詳細に記載されており、
 機能面・発達面・生活面といった幅広い視点から、
 実際の支援を専門的に組み立てるまでの道筋が書かれています。

[内容]
 第1章 摂食・嚥下機能の発達
 第2章 誤嚥・呼吸障害など全身状態と摂食機能との関連
 第3章 摂食機能の評価と診断
 第4章 重症児者の高齢化に伴う摂食・嚥下障害
 第5章 発達障害児者の嚥下と栄養の課題
 第6章 摂食指導・訓練の実際
 第7章 症例検討

[感想]
 この手の本というのは悩むのです。
 と言うより、自分の専門・研究テーマ・現場に関係する本は悩むのです。
 なんせ良いと思える本がぶっちゃけて言えば少ない。(´<_`  )
 それでも書棚に置いている本は、わたし視点では良い本ではあります。
 (そして書棚に載せられん本が、我が家にはたくさんある。買い物失敗)

 しかしまあリハビリ系の本というのは悩みます。
 似たようなタイトル・似たような内容・似たような視点が多く、
  それなら「安くて」「わかりやすい」本でいいよ・・・。
  「中古」でもよいよ・・・。いやいや「教科書レベルでもよいよ」・・・。
 という感じで、本来視点の「何のためにその手の本を読もうとしたのか」から、
 ずんどこ離れていってしまいます。

 が。この本はアタリ。アタリだと嬉しい。(´<_`  )♪

 障害児者の呼吸・摂食・嚥下は、発達現場にいると避けては通れません。
 もしも発達現場にいらっしゃる心理職の方がここを読んでいらしたら、
 ちょっとお高いのが気になるかもしれませんが、オススメの一冊です。
 小児の摂食の部分についても、発達面からわかりやすく書かれています。

Close↑

スポンサーサイト
[2008.10.30(Thu) 00:00] BOOK(専門)TB(0) | COM(0) see▼
↑TOPへ


精神科医の子育て論 

2008年10月10日 ()
オススメの本の紹介 * 本・雑誌
精神科医の子育て論 (新潮選書)精神科医の子育て論 (新潮選書)
(1991/07)
服部 祥子

商品詳細を見る

 

 個人的オススメ度:★★☆☆☆
 読んでほしい方:素敵なママさんたち。

 ■ネタバレしない程度の内容紹介
  軽く読めるエッセイ風味な内容なのですが、
  発達段階・発達経過の重要なポイントが見事に凝縮されていて、
  乳幼児の親御さん、児童期・思春期の親御さんに読んでいただきたい一冊。
  古い本なのですが、内容は古くはありません。オススメです。

Open↓

[ポイント]
 筆者の服部氏の子育て論と言うよりは、
 筆者の友人の小児科医J子さん(注・河島淳子氏)の子育て論のお話し。
 河島氏が自閉症である我が子に対して抱いてきた想い、愛情、
 そして、躾、子育て、療育、教育への取り組みを、
 友人・専門家の視点でともに見つめてきた精神科医ならではの一冊。

 障害があろうがなかろうが、
 すべての子どもにも大事だと断言できる共通項はたくさんあります。
 そのあたりがとてもわかりやすく書かれている一冊。オススメです。

[内容]
 第一章 旅立つ前に-内面からの成熟をめざす子育て
 第二章 誕生から一歳頃まで-最初の一歩の大切さ
 第三章 一歳から三歳まで-じりつへの歩の進め方
 第四章 三歳から六歳まで-自発性を伸ばす
 第五章 六歳から十二歳まで-学習の開始
 第六章 十二歳から二十歳まで-自我同一性の獲得
 第七章 旅を通して-旅路を支えるもの

[感想]
 妙な子育て本を読むよりは、美味しいお茶でも飲みながら、
 この本をじっくりまったり読む方がいいと思います。

 発達相談などを受けていると、
 「ある本に○○○って書かれてあったけれどわからない」とか、
 「育児本に□□□をしなさいと書かれてあるけどできない」とか、
 そういった相談をお聞きすることがよくあります。

 子どもとともに生きていくのはお母さんです。
 そして子どもが自立していくその日を笑顔で送るのもお母さんです。
 だいじょうぶ。自信をもって。だいじょうぶ。
 さあ、美味しいお茶をいれましょう。オススメの一冊です。

Close↑

[2008.10.10(Fri) 00:00] BOOK(専門)TB(0) | COM(0) see▼
↑TOPへ


知的障害児の発達と認知・行動 

2008年09月10日 ()
オススメの本の紹介 * 本・雑誌
知的障害児の発達と認知・行動知的障害児の発達と認知・行動
(1998/08)
堅田 明義・梅谷 忠勇

商品詳細を見る

 

 個人的オススメ度:★★☆☆☆
 読んでほしい方:勉強中の大学生の方。
         療育に携わって三年ほど経過した方。

 ■ネタバレしない程度の内容紹介
  少しばかり古い本なのです。
  教科書レベル以上専門書レベル未満の一冊。
  けれども見直しするときには便利な一冊だったりします。

Open↓

[ポイント]
 90年代までの認知・言語・発達研究を概観している一冊。
 発達分野における認知・概念・言語あたりを、
 卒論のテーマにしようと考えている学生さんにとっては、
 豊富な引用文献は貴重かもしれない。主要論文がほとんど網羅されてます。
 現在、研究中の院生さんにとっては物足らないかもしれない。
 行政・施策はさすがに古い内容なので図書館で読むのがオススメ。

[内容]
 第1章 障害の概要と知的障害児
 第2章 知的障害児の注意
 第3章 知的障害児の言語
 第4章 知的障害児の認知・学習
 第5章 知的障害児の記憶
 第6章 知的障害児の社会的行動
 第7章 知的障害児の要求行動
 第8章 知的障害児(者)の発達と認知・行動研究のトピックス

[感想]
 「知的能力」とは一体何を指すのだろう・・・。
 とふと思ったときに、役に立つ一冊かなと思います。
 注意・言語・認知・学習・・・と章立てされていますが、
 ここらへんは教科書レベルの内容だろうなあ・・・・・・。
 ああ・・・、でも発達系の基礎のない人にとっては、
 専門書レベルの内容かもしれない。ようわからん。(´<_`  )

 今、読み直すと10年前にはスルーしていた箇所に釘付けになったりして、
 たぶんさらに10年後読み返したときには違うところが気になるのだろうなあ。

 障害のある子どもへの訓練や療育はこうだという類いの本ではありません。

 でも今、自分自身が無意識で仕事中に押さえているポイントが、
 きっちりデータとしてまとめられているので、研修資料としても便利かも。
 そういう意味で教科書レベル以上・専門書レベル未満かなと思います。
 続編が出てくれればよいのだけどなあ・・・。(´<_`  )

 初学者の方は実際に手に取っていただいて、
 「あ。難しそう・・・」と思った場合は、
 この本から入らない方がよいと思いますです。
 書かれてる内容がさっぱり理解できずに読んでしまうのはもったいない。

 療育をし始めて数年経ったという方にとっても役立つ一冊かと思います。

Close↑

[2008.09.10(Wed) 00:00] BOOK(専門)TB(0) | COM(0) see▼
↑TOPへ


神経科学 カラー版―脳の探求 

2008年05月20日 ()
オススメの本の紹介 * 本・雑誌
神経科学 カラー版―脳の探求神経科学 カラー版―脳の探求
(2007/06)
M.F.ベアー

商品詳細を見る

 

 個人的オススメ度:★★★★☆
 読んでほしい方:神経科学に興味のある方。
         手頃な神経本を探している方。

 ■ネタバレしない程度の内容紹介
  ネタバレ上等なのですが、大変分厚いです。
  読むのに時間がかかりました。で、更新するのに時間かかった。
  中味は買って損しない内容(これ重要)。
  訳本なのでドキドキしてたのだけど、訳し方もばっちりです。
  微妙な言い回しもきちんと翻訳されてます。買いの一冊。

Open↓

[ポイント]
 臨床に携わる人であれば、手元にどうぞ。
 基礎的な内容がほぼ網羅されていると思います。
 下手な訳本の上下巻を買うよりも、ちょっと値は張るけれども、
 神経科学の本としてはこの一冊をオススメします。

[内容]
 第1部 神経科学の基礎
 第2部 感覚系と運動系
 第3部 脳と行動
 第4部 変化する脳

[感想]
 興味のあるところから読んでもよいかもしれません。
 でも、丁寧な構成がされているので、一頁一頁最初から読むといいかも。
 ただし読むだけで数ヶ月かかります。
 下手っくそな心理学のテキストなんぞを読むよりは、
 この本を読む方がよっぽど勉強になると思います。
 (下手な心理学本は説明も解説も間違えてることがよくあります)

 学生さんであれば、学生のときにこの本に出会えたのはラッキーなこと。
 ちょっぴりアルバイト代を飲み代に使わずにこの本に使うと、
 数年後のあなたにお釣りが来るほどの知識をもたらしてくれると思います。

Close↑

[2008.05.20(Tue) 00:00] BOOK(専門)TB(0) | COM(0) see▼
↑TOPへ


発達障害の早期支援―研究と実践を紡ぐ新しい地域連携 

2008年03月30日 ()
オススメの本の紹介 * 本・雑誌
発達障害の早期支援―研究と実践を紡ぐ新しい地域連携発達障害の早期支援―研究と実践を紡ぐ新しい地域連携
(2008/02)
大神 英裕

商品詳細を見る

 

 個人的オススメ度:★★★★★
 読んでほしい方:ずばり発達臨床現場の専門家の方。
         発達臨床に興味のある方。
         大神先生の個人的ファン。

 ■ネタバレしない程度の内容紹介
  ああもう!ネタバレ上等で紹介させていただきますよ!
  あの「糸島プロジェクト」についてまとめられています。
  やばいわこの本は・・・。どの頁にも無駄がない。
  なんつう恐ろしい本なんだ・・・。
  というわけで、専門書初の五つ星でございます。

Open↓

[ポイント]
 発達臨床家なら誰もが心に留めてきた「共同注意」。
 二項関係、三項関係へと変化していく子どもたちの相互作用。
 もうとにかく読むしかない。
 ちなみに発達心理の基礎のない人には、
 ある意味でわかりにくい一冊かもしれん。
 発達臨床の専門家を自負するなら是非お手元に!

[内容]
はじめに
 1 発達障害を巡る施策と研究の動向 問題の背景
 2 共同注意を軸とした社会的認知の発達過程
 3 地域連携の実践に向けての端緒 研究の目的と方法
 4 共同注意の定型発達過程
 5 ハイリスク乳幼児のスクリーニング 
 6 親子教室・発達支援相談・個別療育による早期対応 発達支援の実践I 
 7 地域連携による移行問題への対応 発達支援の実践II
 8 研究と実践をつなぐ地域連携体制の今後の課題
◇発達の予兆を読む 糸島プロジェクトの奇蹟
 引用・参考文献
 資料 1. 縦断調査チェックリスト
    2. CHATのチェックリスト
    3. M-CHATのチェックリスト
    4. 成長記録ファイル
    5. 就学児用チェックリスト
    6. 関連する法令,通知等
おわりに

[感想]
 ひっっさびさに巡り合えた良書。
 心から「大神先生、まとめてくださってありがとうございます」と言いたい。

 いやあ・・・「9ヶ月の奇跡」ってとても気になるワードなのですが、
 どうにもこうにも抽象論に流れちゃう場合もあってですね、
 関連論文なんぞを読むと、
 「えーと、チミは新しい理論構築をしたいだけなのか?」とかですね、
 「何十人と対象児集めた割りには、
  一人ひとりの子どもに絶対あったはずの変化を見落としてんじゃないの?」とか、
 よく思ってたのですが、さすが大神先生でございます。
 スクリーニングされた子どもたちの人数は確かに少ない。
 なんせ新しい地域支援が、今模索されている最中なのだから。
 でもね、一人ひとりの子どもたちの変化をきちんと追い続け、
 そのときそのときに必要な支援が検討され、
 実際に地域支援という形で実を結んでいる。これはとんでもないことだ。
 わたしは、この糸島プロジェクトが「就労」「社会生活」段階に入るまで、
 (乳児だった子どもたちは、ただいま小学校低学年でございますよ)
 十年・二十年と見守り続けていきたいと思います!
 やっぱりこの時期の発達過程を追い続けてきたことは間違いじゃなかったあ!
 と、発達臨床現場の人が読まれたら、わたしと同じ感想をもたれるかと。

 ちなみに、この糸島プロジェクトですが、
 他地域は形だけを真似するのは芸がないと思います。
 行政から下りてきたものしかしないのと同義なくらいに芸がない。
 それぞれの地域にはそれぞれの特徴や背景がありますからね。
 でも裏返して考えると、
 それぞれ地域には「その地域だからできる支援体制の構築」があるということ。

 とにかく読んでくださいませ。読まんと人生損してますよ。オススメでございます。

Close↑

[2008.03.30(Sun) 00:00] BOOK(専門)TB(0) | COM(0) see▼
↑TOPへ


Q&A脳外傷 第2版 

2008年01月20日 ()
オススメの本の紹介 * 本・雑誌
Q&A脳外傷 第2版―高次脳機能障害を生きる人と家族のためにQ&A脳外傷 第2版―高次脳機能障害を生きる人と家族のために
(2007/02)
日本脳外傷友の会

商品詳細を見る

 

 個人的オススメ度:★★★★☆
 読んでほしい方:医療系、発達系、教育系の専門家の方。

 ■ネタバレしない程度の内容紹介
  ネタバレしなきゃならんだろ!>moo

  ご家族の方のための一冊です。
  脳外傷の説明から、
  実際のリハビリ・生活までが一問一答形式で書かれています。

  高次脳機能障害の方やご家族にかかわる方にも読んでいただきたい一冊。

Open↓

[ポイント]
 Q&A方式で書かれています。
 個人的にはリハビリの内容や支援システムに、
 もちょっと紙数を割いてほしかった気もするけど、
 たぶん、高次脳機能障害関係の本の中では一番わかりやすい一冊。
 (学術的な意味ではなく、実際的な意味において。↑それが大事)
 高次脳機能障害に関する事柄が平易に書かれています。

[内容]
 第1章 脳外傷とは何か
 第2章 医療と社会保障
 第3章 リハビリ・家族
 第4章 世界の状況

[感想]
 数年に一度ぐらいの頻度で、
 高次脳機能障害の子どもたちとかかわります。
 はじめてかかわった人は、もう何年前だろう。
 「高次脳機能障害」という用語すらない頃でした。
 もちろんこういった本すら出ていませんでした。
 現在は、

知られざる高次脳機能障害―その理解と支援のために知られざる高次脳機能障害―その理解と支援のために
(2002/10)
松崎 有子頭部外傷や病気による後遺症を持つ若者と家族の会

商品詳細を見る


 こういった本も出ていますし、
 その他、最近親御さんが読まれた本では、こちら。

神様、ボクをもとの世界に戻してください -高次脳機能障害になった息子・郷神様、ボクをもとの世界に戻してください -高次脳機能障害になった息子・郷
(2006/08/09)
鈴木 真弓

商品詳細を見る



 こちらの本を読んで「頑張っていこうと思った」とおっしゃっていました。

 わたしが主にかかわるのは、
 幼児期・学齢期・思春期・青年期前あたりですが、
 その時期の人たちとかかわる専門家にも読んでいただきたいと思います。
 オススメです。

Close↑

[2008.01.20(Sun) 00:00] BOOK(専門)TB(0) | COM(0) see▼
↑TOPへ


家族システムの心理学 

2007年11月30日 ()
オススメの本の紹介 * 本・雑誌
家族システムの心理学―〈境界膜〉の視点から家族を理解する 家族システムの心理学
―〈境界膜〉の視点から家族を理解する

亀口 憲治 (1992/12)
北大路書房
この商品の詳細を見る

 個人的オススメ度:★★★☆☆
 読んでほしい方:家族対象に心理面接を行っている実践家。
         亀口先生の個人的ファン。

 ■ネタバレしない程度の内容紹介
  家族を支援する。家族と一口に言ってもさまざまである。
  臨床家として、『家族の「何に注目し」、
  「どのように具体的実際的に支援するのか」』
  は常に考えていかなければならない。

Open↓

[ポイント]
 亀口先生の境界膜の本です。とりあえず読んで下さい。
 この本の良さは、最後まで読んでずしんと伝わってきます。
 ポイント下手ですみません。orz

[内容]
 第1章 家族システムの心理
 第2章 家族システムの諸相と個性
 第3章 家族システムの発達段階
 第4章 危機に立つ家族システムへの心理的援助
 第5章 家族システムの臨床事例
 第6章 普通の家族システムへの心理教育的アプローチ
 付録 相談・治療のガイド,家族療法のQ&A

[感想]
 背筋を正して読みましょう。
 家族に焦点を当てつつも、個人面接・並行面接の際に、
 ヒントになる視点がたくさん書かれている良書です。
 「職人技」に持っていかない。けど、わけのわからない理論に逃げない。
 研究者として背骨がしゃっきりステキ♪の亀口先生本です。

Close↑

[2007.11.30(Fri) 00:00] BOOK(専門)TB(0) | COM(0) see▼
↑TOPへ


TOP | NEXT

      *Calendar*

*Category*

    *Search in stack*

*Entry*

* comments *

* trackback *

*Profile*

    Search in Amazon

    ⇔ Now ON Sale ⇔

      : QR code :

     Overseas books

-Link&Bookmark-

   2009 : BOOK of YEAR

: INFORMATION :

    ⇔ Recommend ⇔

: mail to moo :

     ***ALL***

   moomoo in your cup

Book-friend in fc2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。