TOP > エースをねらえ!
 ← 日本人の知らない日本語 | TOP | 覚書090130

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


エースをねらえ! 

2009年02月10日 ()
オススメの本の紹介 * 本・雑誌
エースをねらえ!(全10巻セット)エースをねらえ!(全10巻セット)
(2003/08)
山本 鈴美香

商品詳細を見る

 

 個人的オススメ度:★★★★★
 読んでほしい方:岡! 岡!! 岡!!!
         でも一番素敵なのはお蝶夫人だと思う方。

 ■ネタバレしない程度の内容紹介
  お蝶夫人に憧れて、テニス王国と言われる西校テニス部に入学したひろみ。
  先輩たちに可愛がられながら過ごしてきた日々はコーチの一言により一変。

  コートで休んではいけません。


[ポイント]
 同世代の方はすでに昭和時代にテレビアニメでご覧になってるのでしょうが。
 そして、新版の漫画やドラマをご覧になっている方も多いのでしょうが。
 やはりこの原作を読んでなきゃ始まらんなと平成時代に思うわたし。
 これはただのスポ根漫画じゃない! いやもうホントすごいのなんのって。
 見どころとしましては、お蝶夫人とコーチの台詞でございます。

[内容と登場人物]
 西校テニス部一年生の岡ひろみ。一応、主人公。(´<_`  )
 なわけですが、ひとつ上の先輩・お蝶夫人の高校生らしからぬ風貌と台詞。
 二十代後半の宗方コーチの若者らしからぬ台詞・セリフ・せりふ。
 個人的には、このふたりが主人公だと思っておりますです。

[感想]
 どんどん上記の紹介がわかりにくくなっててすみません。

 さて、テレビでは見ましたがもうはるか昔のことで原作セットを購入。うふ。
 しかし・・・これはただのスポーツ漫画でも高校舞台漫画でも青春漫画でもない。
 宗方コーチ・・・。これで二十代設定とは恐るべし・・・。
 お蝶夫人も以下同上。なにがすごいって、意識の高さというかもうね・・・すごい。

 コーチとお蝶夫人(と藤堂氏たち)に支えられているひろみは幸せ者だと思う。
 これでひろみがその幸せに気づかなければ、もう殴ってやりたくなるけれど、
 (とここで音羽のセリフが浮かんだあなたはわたしと気が合うかもしれん)
 ひろみがちゃんと気づいて、それに応えようとして努力していく過程はすごい。

 いまの時代には流行らないことなのかもしれないけれど、
 コーチのように、お蝶夫人のように、心から自分のことを思って、
 叱って叱って教えてくれる人に出会えることは素晴らしいことだと思います。

 わたしの師匠も鬼のように厳しくて、わたしも何度も吐血はしましたが、
 アレがなければ今のわたしは、ない。そんなことを考える漫画なのです。
 セットで買うのがオススメです。オトナ買い推奨(眠れなくなりますが)。
[2009.02.10(Tue) 00:00] BOOK(漫画)TB(0) | COM(0)
↑TOPへ


 ← 日本人の知らない日本語 | TOP | 覚書090130

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示する

Trackback

この記事のURL:
http://moodycafe.blog23.fc2.com/tb.php/101-5dc15c13
 ← 日本人の知らない日本語 | TOP | 覚書090130

      *Calendar*

*Category*

    *Search in stack*

*Entry*

* comments *

* trackback *

*Profile*

    Search in Amazon

    ⇔ Now ON Sale ⇔

      : QR code :

     Overseas books

-Link&Bookmark-

   2009 : BOOK of YEAR

: INFORMATION :

    ⇔ Recommend ⇔

: mail to moo :

     ***ALL***

   moomoo in your cup

Book-friend in fc2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。