TOP > シャドウ
 ← はらぺこあおむし | TOP | 廃用身

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


シャドウ 

2009年08月20日 ()
オススメの本の紹介 * 本・雑誌
シャドウ (創元推理文庫)シャドウ (創元推理文庫)
(2009/08/20)
道尾 秀介

商品詳細を見る

 

 個人的オススメ度:★★★★☆
 読んでほしい方:ミステリー大好きの方。

 ■ネタバレしない程度の内容紹介
  妻が死んだ。五年生の息子はどれくらい死を理解しているのだろうか。
  妻の死以来、よく眠れない。薬に頼るのはひさびさだ。

  母が死んだ。「人間は、死んだらどうなるの?」「いなくなって、それだけなの」
  母はあのとき何を想っていたのだろう。母の呼吸音。重なる映像。記憶。


[ポイント]
 やってくれました。道尾氏のミステリーです。(´<_`  )♪
 これはもう読んでください。やっぱり注目株の作家さんだと思います。
 『向日葵の咲かない夏』が読みにくかった人でも読みやすい一冊。

[内容と登場人物]
 大学附属の病院に勤める洋一郎。妻が死んで以来、家族はふたりきりになった。
 息子の鳳介、親友の水城、恩師である精神科医の田地。

 小学五年生の鳳介。母が死んで以来、父とふたりだけの生活が始まった。
 幼なじみの亜紀、亜紀の母親である水城さん、ずっとずっと頼ってきた田地先生。

[感想]
 嗚呼・・・この人は、人を描くことに徹底したこだわりのある作家さんですね。
 『向日葵』で感じていた違和感の正体がおぼろげながらにわかりました。
 また再読しようと思いますが、道尾氏の描く人というのは“強い”のだと思う。
 それは悲しみのあまりの強さであったり、弱さのための強さであったりするのだろうけど、
 なんと言っても、その強さを支えているのは、誰かを守るための強さなのだと思う。

 大切な人を守るための強さ。自分自身を守るための強さ。

 けれども、常に強くいられるわけがなく・・・、
 だからこそ揺れてねじれてぐらぐら動く心理描写が出てくる。
 オススメの一冊でございます。
[2009.08.20(Thu) 00:00] BOOK(小説)TB(0) | COM(0)
↑TOPへ


 ← はらぺこあおむし | TOP | 廃用身

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示する

Trackback

この記事のURL:
http://moodycafe.blog23.fc2.com/tb.php/106-5070a400
 ← はらぺこあおむし | TOP | 廃用身

      *Calendar*

*Category*

    *Search in stack*

*Entry*

* comments *

* trackback *

*Profile*

    Search in Amazon

    ⇔ Now ON Sale ⇔

      : QR code :

     Overseas books

-Link&Bookmark-

   2009 : BOOK of YEAR

: INFORMATION :

    ⇔ Recommend ⇔

: mail to moo :

     ***ALL***

   moomoo in your cup

Book-friend in fc2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。