TOP > あおくんときいろちゃん
 ← 向日葵の咲かない夏 | TOP | 迷宮百年の睡魔

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


あおくんときいろちゃん 

2009年07月20日 ()
オススメの本の紹介 * 本・雑誌
あおくんときいろちゃん (至光社国際版絵本)あおくんときいろちゃん (至光社国際版絵本)
(1984/01)
レオ・レオーニ

商品詳細を見る

 個人的オススメ度:★★★★★
 読んでほしい方:乳幼児さんとママさんパパさん。
         できれば保育園・幼稚園の先生方。

 ■ネタバレしない程度のストーリー紹介
  ころんころん。ふわんふわん。くるくるくる。
  あおくんときいろちゃんは今日もなかよし。

  あれ?あれれれ?くっつきすぎちゃってみどりになっちゃった。


[ポイント]
 この本は難しい・・・。読み聞かせ云々という絵本ではないと思う。
 そっと子どもさんのそばに置いておかれるもよし。
 こっそりベッドに置いておかれるもよし。
 その子その子が絵本からかならず読み取ってくれるはず。

[内容と登場人物]
 あおくん。きいろちゃん。パパ。ママ。

[感想]
 レオ・レオーニと言うと、発達屋はかならず目にする一冊ですが、
 それはさておき、この初版が実家にありました。

 目にしたのはたぶん3歳ぐらいだったと思う。
 5歳ぐらいまで何度も何度も見ていた記憶があります。
 字が読めるようになった4歳頃からひとりで読んで、
 ひとりで見て、ひとりで遊んで、ひとりで絵を描いて。
 いやまあ、同級生とも遊びましたが、ひとり遊びの好きな子どもだったのです。

 子どもごころにドキドキとふわふわところころで、
 何とも言えない解放感みたいなのを覚えた記憶があります。
 なので、いまだにこの本に学校や施設で出会うと、
 くすぐられるような感じになります。絵本すげー! (´<_`  )台なし

 これは説明が難しいですね。
 読み聞かせで使おうと思ったことはないのですが、
 こっそりと図書室で読み込んでいる低学年の子どもたちを見ると、
 うふふ・・・となんとなく嬉しくなってしまいます。オススメです。
[2009.07.20(Mon) 00:00] BOOK(絵本)TB(0) | COM(0)
↑TOPへ


 ← 向日葵の咲かない夏 | TOP | 迷宮百年の睡魔

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示する

Trackback

この記事のURL:
http://moodycafe.blog23.fc2.com/tb.php/115-60c6cf68
 ← 向日葵の咲かない夏 | TOP | 迷宮百年の睡魔

      *Calendar*

*Category*

    *Search in stack*

*Entry*

* comments *

* trackback *

*Profile*

    Search in Amazon

    ⇔ Now ON Sale ⇔

      : QR code :

     Overseas books

-Link&Bookmark-

   2009 : BOOK of YEAR

: INFORMATION :

    ⇔ Recommend ⇔

: mail to moo :

     ***ALL***

   moomoo in your cup

Book-friend in fc2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。