TOP > 片眼の猿―One-eyed monkeys
| TOP | ヘルプマン!

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


片眼の猿―One-eyed monkeys 

2010年03月30日 ()
オススメの本の紹介 * 本・雑誌
片眼の猿―One-eyed monkeys (新潮文庫 み 40-2)片眼の猿―One-eyed monkeys (新潮文庫 み 40-2)
(2009/06/27)
道尾 秀介

商品詳細を見る

 個人的オススメ度:★★☆☆☆
 読んでほしい方:クラクラしたい方。
 読まない方がよい方:字面に惑わされる方。

 ■ネタバレしない程度のストーリー紹介
  盗聴専門の私立探偵・三梨。
  今のどでかい仕事は産業スパイ疑惑絡みの仕事。
  音・音・音・・・。

  その音は真実か? 真実・・・?


[ポイント]
 単行本21頁目にて「うおっ!最初から読み返さねば!」と再読。
 そうだ、これは道尾作品だった。(´<_`  )
 シャドウのように読者のために親切に書かれた作品でもなく、
 向日葵のアノ感じ。くっそ。やられた!
 というテンションのまま結末へ向かいます。
 向日葵が嫌いな人にはオススメしません。

[内容と登場人物]
 私立探偵の三梨はいまの仕事のために、ある女性をスカウトする。
 常にサングラスをかけている冬絵。三日月のような赤い唇。

 依頼を受けた谷口楽器の仕事の最中に起きた殺人事件。
 犯人は? 真相は? 真実は? 真実とは・・・?

[感想]
 これは、また好き嫌いが分かれる作品でしょうねえ・・・。
 何と言うか、本領発揮の「強さ」路線全開で書かれてますが、
 またこれが受けつけない人や意味がわからない人もいると思う。

 軽く流して読めるという本ではなく、
  ひっかかっている部分があとからあとからじわじわやはり!
 と来るのは、やはり道尾作品ならではの一冊だと思います。


 最後の二行目。

  眼に見えているものばかりを重要視する連中に、俺は興味はない。


 うむ。全開でこれのみを書き綴った一作だと思います。オススメです。

[関連記事]
 ■シャドウ(2009/08/20 単行本発売)
 ■向日葵の咲かない夏(2008/07/29 単行本発売)
[2010.03.30(Tue) 00:00] BOOK(小説)TB(0) | COM(0)
↑TOPへ


| TOP | ヘルプマン!

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示する

Trackback

この記事のURL:
http://moodycafe.blog23.fc2.com/tb.php/118-be576500
| TOP | ヘルプマン!

      *Calendar*

*Category*

    *Search in stack*

*Entry*

* comments *

* trackback *

*Profile*

    Search in Amazon

    ⇔ Now ON Sale ⇔

      : QR code :

     Overseas books

-Link&Bookmark-

   2009 : BOOK of YEAR

: INFORMATION :

    ⇔ Recommend ⇔

: mail to moo :

     ***ALL***

   moomoo in your cup

Book-friend in fc2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。