TOP > 殺人の門
 ← WISC‐3アセスメント事例集―理論と実際 | TOP | ヒストリエ

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


殺人の門 

2007年05月10日 ()
オススメの本の紹介 * 本・雑誌
殺人の門 殺人の門
東野 圭吾 (2006/06)
角川書店
この商品の詳細を見る

 個人的オススメ度:★★☆☆☆
 読んでほしい方:(特にすすめたい人はいない)

 ■ネタバレしない程度のストーリー紹介
  裕福な家庭に生まれた田島和幸。
  父は歯科医をしており、活動的な母はその手伝いをしている。
  家には和幸が物心つくころから寝たきりであった祖母がおり、
  彼女を介護するための家政婦も雇っている。そんな裕福な家庭。

  だが祖母が亡くなった頃から不穏な噂が近所に流れ・・・。


[ポイント]
 『手紙』のあの「生きていくしかない」という弟の気持ちが、
 「愛するものを守るために生きていかなければならない」へと、
 しんしんと積もるように少しずつ変化してきた過程とか。
 『容疑者Xの献身』の彼が、淡々と恐ろしいほど機械的計画的にすすめてきた
 一連の行動の背後にあるあまりにも人間臭い感情の流れとか。

 根本はそれらに通じるものがあると思います。

[内容と登場人物]
 田島和幸という平凡だが裕福な家庭に生まれ育った主人公の物語。
 幼い頃から目の当たりにしてきたオトナたちの行動。
 税理士の上でケツを揺らす家政婦。
 父の上で喘ぐ家政婦。

 一方で、「生」から少しずつ離れていくように和幸には見える祖母の姿。
 遊ぶための金がほしい。どうしてもほしい。
 金を盗むために忍び込んだ祖母の部屋では、
 すでに死後硬直が始まりかけた祖母の姿が・・・。
 まるで和幸を叱るかのように目を見開いたまま、目当ての金の入った財布を握りしめている祖母。

 時は流れ・・・また平凡な生活が始まるはずの矢先、
 祖母の死を堺に近所でも学校でも不穏な噂が流れており、
 平凡に見えた家庭は離散していく。でも和幸の人生はまだ終わらない。終われない。

[感想]
 この本は実はここに載せる本じゃないのかもしれん。(´<_`  )オイ
 
 倉持修という同級生に対して抱いてきた殺意を、
 実際に「行動にうつしたい」「行動にうつす」までの過程が描かれてます。
 主人公は「殺人の門」をくぐれるのだろうか・・・という本です。



 内容は非常に重いです。
 たいてい東野氏の本を読むと(上に挙げた本とかね)、
 こういう感情にさせられるわけですが、今回も似たような感情に。
 東野氏やっぱりうまいわ・・・と思ってたら、
 レビューされてる感想は評判悪いですね・・・。(´<_` ;)
 まあ人の感想なんて、どうでもいいですし、
 わたしのこのblogの感想も人から見たらどうでもいいものだ。うん。

 金がほしい。いい女も抱きたい。いい人生を送りたい。
 
 誰も田島のことは笑えんと思う。
 ドロドロとした腐臭がするような感情というのは、
 誰にでもあるものだと思うし、あるのが健康なことなのではないかと。
 それに変に蓋をしちゃったり、
 自分は田島みたいな愚かな人間ではないと言いきれる方が不健康だ。

 田島はホントどこにでもいそうな人間です。
 その意味では、容疑者X(この人は天才)とはまたちがうのですが、
 ある感情をずっとひたひたと忍ばせながら生きていく人間の姿が
 この作品でも描かれていると思う。そう人間の姿。

 でもまあ、フツーの人には評判悪いようです。
 わたしは面白かったのだが。(´<_`  )<というわけで掲載
[2007.05.10(Thu) 00:00] BOOK(小説)TB(0) | COM(0)
↑TOPへ


 ← WISC‐3アセスメント事例集―理論と実際 | TOP | ヒストリエ

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示する

Trackback

この記事のURL:
http://moodycafe.blog23.fc2.com/tb.php/52-63b8f79b
 ← WISC‐3アセスメント事例集―理論と実際 | TOP | ヒストリエ

      *Calendar*

*Category*

    *Search in stack*

*Entry*

* comments *

* trackback *

*Profile*

    Search in Amazon

    ⇔ Now ON Sale ⇔

      : QR code :

     Overseas books

-Link&Bookmark-

   2009 : BOOK of YEAR

: INFORMATION :

    ⇔ Recommend ⇔

: mail to moo :

     ***ALL***

   moomoo in your cup

Book-friend in fc2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。