TOP > capeta
 ← 不思議な少年 | TOP | 発達障害指導事典

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


capeta 

2007年09月20日 ()
オススメの本の紹介 * 本・雑誌
capeta カペタ (1) capeta カペタ (1)
曽田 正人 (2003/10/17)
講談社
この商品の詳細を見る

 個人的オススメ度:★★★★☆
 読んでほしい方:F1モノが好きな方。
         なんだかんだと曽田正人ラヴな方。

 ■ネタバレしない程度のストーリー紹介
  平 勝平太・通称カペタ。
  父親がもって帰ってきた廃品同様のカート。
  とりあえず組み立てる。チューニングなんてなにそれの状態。
  走るためにカート場に来たものの・・・。


[ポイント]
 すっかり忘れていましたよ。忘れてばかりだな。
 カートから始まりレース界の頂点F1を目指す話し。
 と言ってしまえば、すべて台なしな感じのポイント。(´<_`  )

 この第一巻では、カペタはカートに魅せられ、
 レース界のほんの入り口にまで行くことになります。

[内容と登場人物]
 カート場で出会った最速の男・源奈臣。
 どんなにうまく転がしても、奈臣を抜き去ることができないカペタ。

 それでもヤツに勝ちたい。

 曽田路線絶好調の物語です。ハイ。(´<_`  )<大人買い推奨

[感想]
 最初は「またシャカリキ路線かあ?」などと思ってたのです。
 この作者の設定は「天才」「フツーとは違う人」というのが主役のパターンが多い。
 下手するとワンパターンになりがちなのだけれども、
 そこはそれこの人の腕の見せ所だろうし、
 なによりこの作者が書きたいと想っている内容なのだと思う。

 友達のノブがまたいいんだ、これが。


 世の中には「天才」と呼ばれる人がどの世界にもいます。
 天才を目の前にすると、目からぽろぽろと鱗がホントに流れ出る。
 でもホントに鱗がだだ漏れになるのは、
 そうした人たちが実際に積み重ねてきた努力だったり行動だったりを見聞きしたとき。

 何かこう燃えるような「よっしゃっ俺もやったるでえ!」というのを感じたいとき、
 読んでみると元気になる一冊です。オススメです。
 最新刊はこちら。
capeta(カペタ) 14 (14) (講談社コミックスデラックス) capeta(カペタ) 14 (14) (講談社コミックスデラックス)
曽田 正人 (2007/07/17)
講談社
この商品の詳細を見る
[2007.09.20(Thu) 00:00] BOOK(漫画)TB(0) | COM(0)
↑TOPへ


 ← 不思議な少年 | TOP | 発達障害指導事典

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示する

Trackback

この記事のURL:
http://moodycafe.blog23.fc2.com/tb.php/58-2c056fff
 ← 不思議な少年 | TOP | 発達障害指導事典

      *Calendar*

*Category*

    *Search in stack*

*Entry*

* comments *

* trackback *

*Profile*

    Search in Amazon

    ⇔ Now ON Sale ⇔

      : QR code :

     Overseas books

-Link&Bookmark-

   2009 : BOOK of YEAR

: INFORMATION :

    ⇔ Recommend ⇔

: mail to moo :

     ***ALL***

   moomoo in your cup

Book-friend in fc2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。