TOP > 日本人の英語
 ← 優しさとしての教育 | TOP | 発達障害の早期支援―研究と実践を紡ぐ新しい地域連携

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


日本人の英語 

2008年04月10日 ()
オススメの本の紹介 * 本・雑誌
日本人の英語 (岩波新書)日本人の英語 (岩波新書)
(1988/04)
マーク ピーターセン

商品詳細を見る

 

 個人的オススメ度:★★★★☆
 読んでほしい方:基本的に英語に興味のある方。
         論文書く機会の多い方。

 ■ネタバレしない程度の内容紹介
  今までほのかに疑問があった英語に出てくる独特の表現。
  それらに対して「おお!そうだったのか!」と思うこと間違いなしです。
  高校生・大学生の方にこの春に読んでほしい一冊でございます。
  


[ポイント]
 「わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる」
 というサイトのこの記事にて取り上げられていたので、
 それに便乗してしまってついでに日付を埋めてしまおうなどと、
 腹黒く思いながら更新してしまってるのは横に置いといて。

 この本はいい本ですね。どうして買ったのかよく覚えてませんが(オイ
 学生時代に塾や予備校のバイトが、英語講師メインのときがあり、
 自分でもいまひとつ理解できていなかった冠詞や数詞、
 英語独特の表現などを教えるときに役立った記憶があります。

 でまあ、その後修論書いたり論文書いたりするときにも、
 役立つとは思っていなかったわけで。(´<_`  )<本の縁ってすごいね
 
[内容]岩波新書より。
 「冷凍庫に入れる」はput it in the freezerなのに
 「電子レンジに入れる」だとput it in my microwave ovenとなる.
 どういう論理や感覚がこの英語表現を支えているのか.
 著者が出会ってきた日本人の英語の問題点を糸口に,
 従来の文法理解から脱落しがちなポイントをユーモア溢れる例文で示しつつ,
 英語的発想の世界へ読者を誘う.


[感想]
 うん。この本は学部時代に読んでおくとよいかも。
 あと、高校生で英語の好きな人にもオススメかも。
 わたし中学のときって英語全然ダメだったのですよね。
 (あー、授業抜け出してたとかちょっと放置しといてね)
 長文はなんとか読める。リスニングもなんとかできる。
 でも、文法が「be動詞」からさっぱりわからん状態でして。
 中学三年のときの塾の先生と中学校の英語の先生から、
 「ああ、英語が苦手というより、言語感覚がちと変わってるからだよね」とか、
 「だから、本読むつもりのような気軽な感じになればきっと得意になるよ」とか、
 言われまして、おお・・・そういうもん?と勉強し始めた中三のわたし。


 ・・・今思えば うまいこと持ち上げられてただけな気がする>(´<_`  )

 けど、そのおかげもあって、
 わたし高校生のときは一番英語が好きになったのですよ。
 「あ。言語って楽しい。それにすごく不思議」というのをしみじみ感じてました。
 選択授業なんてオール英語とってましたもん。どんだけ英語好きなの。
 で、話しを戻すと、この本の続編もよいのですよ。

続・日本人の英語 (岩波新書)続・日本人の英語 (岩波新書)
(1990/09)
マーク ピーターセン

商品詳細を見る


 オススメでございますです。ハイ。


 で、春なのでまったり雑感なども綴ります。~~-y(´<_`  )
 さっきのサイトにもいろいろな本が取り上げられてますが、
 本に巡り合えるって、そのこと自体すごく不思議な縁を感じます。

 子どもの頃から、本を読むことだけは好きだったのですが、
 かと言って、読んでる本の数は多いかというとそうではない。
 小学生の頃まではぎりぎり自伝系ぐらいは読んでいたけれど、
 中学生になったらもう読まなくなるし>漫画が増えるからね
 かといってどういう本がよい本なのかってことすら知らん。
 でまあここから、上にも書いた英語の先生の話しにつながるのですが。

 いわゆる世界名作劇場系というのは、小学生の頃にすでに読み切ってたのですが、
 それらの英語の本を何冊も英語の先生に貸してもらったのですね。
 「本読むのが好きなら大丈夫だろうし、知ってる内容だから読みやすいと思うよ」
 と言われまして。
 be動詞何それ?んまいの?状態だった中三のわたしでしたが、(´<_` ;)
 長文読むこと自体は抵抗なくなりました。
 まあ貸してもらった本の文法レベルも中三レベルでしたしね。
 その後、なんとか高校に入ることができたわけなのですが、
 入学したばかりの頃というのは、
 「先生たちが勧める一冊」というのが最初の授業で言われるのが、
 うちの高校の習慣みたいなものだったのです。
 で、その当時の先生方の中で、
 現社の先生と古典の先生と化学の先生が特に変わった人たちでして。
 本について語り始めると熱い・・・。
 ってか、授業そっちのけになってんじゃないか?ってぐらい熱い。
 ああいう授業も好きだったので聞き入るわたしの図。
 そういった先生方が勧めてくれたりあるいは批判している本を、
 図書室で借りて読むのが大好きでした。
 なので、古典的な本とか哲学系の本とか思想系の本の有名どころだけは、
 読んでいることになってしまってる(頭に残ってるかはこの際置いとく)。

 けど、これって年取ってから、ホントありがたいことだなあと思うのですね。
 「タイトルは知ってるけど、読んだことないんだよなあ」
 と言う人が多いということを、二十歳越えてからはじめて知りましたし。
 あのときの先生方、この場を借りてありがとうございました!です!

 さて、大学に入ると自分の食指の動くものばかりに目が向いてしまいます。
 これはこれで非常にマニアックでよいのですが(と思ってるのですが)、
 cafeにも書きましたけど、大学時代にも先生はおるわけで。
 「この前読んだ本でさあ、これなかなかいいよ」とかですね、
 「ああ、僕が学生のときに読んでたのでオススメはこれかな」とかですね、
 そういう本も片っ端から読んでいったわたし。
 これもまた年取ってから、そのありがたさがわかるのですよ。しみじみと。

 春ですよ。
 いい人に巡り合えますように。
 いい本に巡り合えますように。ではでは。
[2008.04.10(Thu) 00:00] BOOK(随筆)TB(0) | COM(0)
↑TOPへ


 ← 優しさとしての教育 | TOP | 発達障害の早期支援―研究と実践を紡ぐ新しい地域連携

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示する

Trackback

この記事のURL:
http://moodycafe.blog23.fc2.com/tb.php/65-350ebada
 ← 優しさとしての教育 | TOP | 発達障害の早期支援―研究と実践を紡ぐ新しい地域連携

      *Calendar*

*Category*

    *Search in stack*

*Entry*

* comments *

* trackback *

*Profile*

    Search in Amazon

    ⇔ Now ON Sale ⇔

      : QR code :

     Overseas books

-Link&Bookmark-

   2009 : BOOK of YEAR

: INFORMATION :

    ⇔ Recommend ⇔

: mail to moo :

     ***ALL***

   moomoo in your cup

Book-friend in fc2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。