TOP > エマ
 ← 神経科学 カラー版―脳の探求 | TOP | 「心理学・臨床心理学「わたしのこの五書」」

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


エマ 

2008年05月10日 ()
オススメの本の紹介 * 本・雑誌
エマ (1) (Beam comix)エマ (1) (Beam comix)
(2002/08/26)
森 薫

商品詳細を見る

 

 個人的オススメ度:★★★☆☆
 読んでほしい方:メイド好きな方。
         実は森薫が大好きだという方。

 ■ネタバレしない程度のストーリー紹介
  19世紀後半の英国。
  老婦人ケリーの家でメイド・オブ・オールワークスとして働くエマ。
  ケリーの教え子だったウィリアムとの出会い、そして別れ。

  時代風景、行き交う馬車、呼吸する人々。
  それらがとても美しく描写されています。


[ポイント]
 アデーレが素敵。(´<_`  )♪
 という話しはさておき、
 ネタバレは罪だと思われるので、ざくっと大人買い推奨。

 タイトルは「エマ」で、主人公もエマなのですが、
 エマを取り巻く人々たちの想い、生活史が丁寧に描かれています。
 こういう描写をされる漫画家さんは大好きです。

[内容と登場人物]
 エマとウィリアムが時代の波に呑まれながらも、
 恋を成就することができるのか?というお話し。

 なのですが、(´<_`  )
 周囲の人々がイイ!
 ストウナー夫人もいいし、ジョーンズ夫人もいい。
 コック長のヨハンナも素敵だし、アルマも素敵。
 登場する人たちのほとんどが素敵なのですよ。

 それでも格差社会が現実にあったのだと(今もあるけど)、
 淡々と伝わってくるオススメの本でございます。
 
[感想]
 えーと。上記で感想言ってますね。ОTL
 続いてほしかったのですが、最新刊の十巻で完結ということで、
 ほのかに甘酸っぱさを残しながらなんだか未練ばかりがあります。
 でも、ストウナー夫人の若い頃が見れてよかった。
 メルダース夫人の可愛い一面が見れてよかった。
 読後感は「まだまだ続いてほしかった」と思うけど、
 ほっと温かい気持ちになれました。オススメでございます。

 最新刊(完結)はこちら。

エマ 10巻 (BEAM COMIX) (BEAM COMIX)エマ 10巻 (BEAM COMIX) (BEAM COMIX)
(2008/04/25)
森 薫

商品詳細を見る
[2008.05.10(Sat) 00:00] BOOK(漫画)TB(0) | COM(0)
↑TOPへ


 ← 神経科学 カラー版―脳の探求 | TOP | 「心理学・臨床心理学「わたしのこの五書」」

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示する

Trackback

この記事のURL:
http://moodycafe.blog23.fc2.com/tb.php/69-87386336
 ← 神経科学 カラー版―脳の探求 | TOP | 「心理学・臨床心理学「わたしのこの五書」」

      *Calendar*

*Category*

    *Search in stack*

*Entry*

* comments *

* trackback *

*Profile*

    Search in Amazon

    ⇔ Now ON Sale ⇔

      : QR code :

     Overseas books

-Link&Bookmark-

   2009 : BOOK of YEAR

: INFORMATION :

    ⇔ Recommend ⇔

: mail to moo :

     ***ALL***

   moomoo in your cup

Book-friend in fc2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。