TOP > ヘルプマン!
 ← 知的障害児の発達と認知・行動 | TOP | 医龍 Team Medical Dragon

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


ヘルプマン!  

2008年08月10日 ()
オススメの本の紹介 * 本・雑誌
ヘルプマン! 10 (10) (イブニングKC)ヘルプマン! 10 (10) (イブニングKC)
(2008/05/23)
くさか 里樹

商品詳細を見る

 

 関連記事:ヘルプマン(06/10/20)
 個人的オススメ度:★★★★★
 読んでほしい方:すべての方。

 ■stack+:良い作品なのです。読み返すことが多いのです。


[ポイント][内容と登場人物]:略

[感想]
 ここで紹介している本はどれも最高に面白くて、
 特に連載中の漫画というのは、発売日がとても待ち遠しくて、
 発売日に書店に行ったのにまだ並べられてないなんて日には、
 むきゃー!という状態になってしまうのだけれど。

 ヘルプマン。只今好評連載中!
 この本は何十巻と連載が続いてしまっても、懲りずに買い続けると思います。
 (たまにね予想に反して長くなりすぎると、五十巻ぐらいで諦めるのよ)

 何回泣いたかわからない。
 どうして泣いてるのかわからない。

 仕事の内容が似ているからかなあ・・・。ちと違うなあ・・・。
 たしかに。わたしもうんこおしっこは平気だ。(´<_`  )
 子どもたちがトイレに間に合わなさそうなときには、
 桃太郎みたいに手で受け止めちゃうし、福祉職の人もこういう人多い。
 けど、仕事の内容でかぶるところがあるから泣いてるわけではない。
 一巻を紹介したとき(関連記事参照)は、違う理由で泣いてたようだけど、
 話しが進むにつれて、泣いていたポイントがちょっと明確になった。

 うん。たぶん、自分の仕事ってのがとてつもなく微力だということ。
 そして、おそらく一人ひとりの専門家の力というのもまた微力だということ。
 ちっぽけだ。こんな当たり前のことに改めて気づかされる。
 でも、そういうちっぽけな力が集まって作用したときの、
 子どもたちとか親御さんのあの笑顔。泣きそうになる。嬉しくて。
 「自分でできるようになりたいもん!」
 って頑張ってる子どもたちのあの力。泣きそうになる。そして自分が恥ずかしくなる。
 恥ずかしがってちゃ仕事にならんわけで、(´<_`  )
 「よっしゃ、がんがんいってみよう!」
 と子どもと同じテンションで動いたときに、できるようになった子どもたちのあの表情。

 たぶん、どんどん年を取っていって、どんどんわたし自身の技術があがっていくと、
 この手の感情の動きはさらに少なくなりそうに思う。それは少し残念なことだ。
 二十代のときのように、
 無発語だった子が初めて喋った(“喋った”が正しい)瞬間に、
 親御さんと近い状態(かなわないのですがね)にまで動いていた感情は、
 年を経るごとに年々少なくなってきている。そんな気がする。
 この子ならできることだ、という見通しは、専門家としては必要なのだけれど、
 実際にできるようになったその瞬間、
 「もっとクリアにもっとシンプルにできなかったのか」
 と自分自身に反省の矢がささりまくったりして、喜びも冷静も通り越してへこむ。ОTL

 逆に。
 「この子には無理だって言われたんですよ・・・」とおっしゃる保護者の話しを聞くと、
 年を取るごとに、より一層それをのたまった専門家に対して苛立ちが募る。

 まあ、泣きそうになっても嬉しくなっても苛立ちがあっても、
 わたしはこんな感じで、(´<_`  )表に出さない
 ただ仕事をするのみというスタンスなので、
 桃太郎とか仁みたいに全然アツくないのですが・・・。
 (でも変な学校には、いつでも飛び込んでいくよ。敵も味方もどっちも多いよ)
 
 十年後。
 この本を読み返したときに、わたしは何を感じるのかなあ・・・。
 相変わらず、へたれ専門家とかエセ専門家に怒ってるのだろうか。
 百太郎や仁みたいな熱いアツイ気持ちの一欠片でも、まだ残ってるのだろうか。

 そんなわけで、stack+のお初はヘルプマンでございました。
 そんな内容で、stack+を書いていこうと思います。
[2008.08.10(Sun) 00:00] +stackTB(0) | COM(0)
↑TOPへ


 ← 知的障害児の発達と認知・行動 | TOP | 医龍 Team Medical Dragon

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示する

Trackback

この記事のURL:
http://moodycafe.blog23.fc2.com/tb.php/84-5f5d933a
 ← 知的障害児の発達と認知・行動 | TOP | 医龍 Team Medical Dragon

      *Calendar*

*Category*

    *Search in stack*

*Entry*

* comments *

* trackback *

*Profile*

    Search in Amazon

    ⇔ Now ON Sale ⇔

      : QR code :

     Overseas books

-Link&Bookmark-

   2009 : BOOK of YEAR

: INFORMATION :

    ⇔ Recommend ⇔

: mail to moo :

     ***ALL***

   moomoo in your cup

Book-friend in fc2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。