TOP > 知的障害児の発達と認知・行動
 ← ばななブレイク | TOP | ヘルプマン!

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


知的障害児の発達と認知・行動 

2008年09月10日 ()
オススメの本の紹介 * 本・雑誌
知的障害児の発達と認知・行動知的障害児の発達と認知・行動
(1998/08)
堅田 明義・梅谷 忠勇

商品詳細を見る

 

 個人的オススメ度:★★☆☆☆
 読んでほしい方:勉強中の大学生の方。
         療育に携わって三年ほど経過した方。

 ■ネタバレしない程度の内容紹介
  少しばかり古い本なのです。
  教科書レベル以上専門書レベル未満の一冊。
  けれども見直しするときには便利な一冊だったりします。


[ポイント]
 90年代までの認知・言語・発達研究を概観している一冊。
 発達分野における認知・概念・言語あたりを、
 卒論のテーマにしようと考えている学生さんにとっては、
 豊富な引用文献は貴重かもしれない。主要論文がほとんど網羅されてます。
 現在、研究中の院生さんにとっては物足らないかもしれない。
 行政・施策はさすがに古い内容なので図書館で読むのがオススメ。

[内容]
 第1章 障害の概要と知的障害児
 第2章 知的障害児の注意
 第3章 知的障害児の言語
 第4章 知的障害児の認知・学習
 第5章 知的障害児の記憶
 第6章 知的障害児の社会的行動
 第7章 知的障害児の要求行動
 第8章 知的障害児(者)の発達と認知・行動研究のトピックス

[感想]
 「知的能力」とは一体何を指すのだろう・・・。
 とふと思ったときに、役に立つ一冊かなと思います。
 注意・言語・認知・学習・・・と章立てされていますが、
 ここらへんは教科書レベルの内容だろうなあ・・・・・・。
 ああ・・・、でも発達系の基礎のない人にとっては、
 専門書レベルの内容かもしれない。ようわからん。(´<_`  )

 今、読み直すと10年前にはスルーしていた箇所に釘付けになったりして、
 たぶんさらに10年後読み返したときには違うところが気になるのだろうなあ。

 障害のある子どもへの訓練や療育はこうだという類いの本ではありません。

 でも今、自分自身が無意識で仕事中に押さえているポイントが、
 きっちりデータとしてまとめられているので、研修資料としても便利かも。
 そういう意味で教科書レベル以上・専門書レベル未満かなと思います。
 続編が出てくれればよいのだけどなあ・・・。(´<_`  )

 初学者の方は実際に手に取っていただいて、
 「あ。難しそう・・・」と思った場合は、
 この本から入らない方がよいと思いますです。
 書かれてる内容がさっぱり理解できずに読んでしまうのはもったいない。

 療育をし始めて数年経ったという方にとっても役立つ一冊かと思います。
[2008.09.10(Wed) 00:00] BOOK(専門)TB(0) | COM(0)
↑TOPへ


 ← ばななブレイク | TOP | ヘルプマン!

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示する

Trackback

この記事のURL:
http://moodycafe.blog23.fc2.com/tb.php/85-bd9af738
 ← ばななブレイク | TOP | ヘルプマン!

      *Calendar*

*Category*

    *Search in stack*

*Entry*

* comments *

* trackback *

*Profile*

    Search in Amazon

    ⇔ Now ON Sale ⇔

      : QR code :

     Overseas books

-Link&Bookmark-

   2009 : BOOK of YEAR

: INFORMATION :

    ⇔ Recommend ⇔

: mail to moo :

     ***ALL***

   moomoo in your cup

Book-friend in fc2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。